受付時間

大坪整骨院 0776361280

腰椎すべり症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩ける距離が短い
  • 立ったり、座ったりしていると痛くなる
  • 歩いて少し休憩を何度も繰り返す
  • おしりや太ももに痛みや痺れがある

腰椎すべり症とは?|福井市 大坪整骨院

腰椎は第1腰椎から第5腰椎まであります。

腰椎は通常きれいに並んでいますが、椎間関節(背骨の関節)が壊れたり、椎間板に異常などが生じることにより骨がずれてしまうことがあります。

これを腰椎すべり症と言います。

前方にすべると前方すべり症、後方にすべると後方すべり症とがあり、ほとんどのすべり症が前方すべり症が多いとされています。すべり症の多くは腰椎変性すべり症と腰椎分離すべり症とで分けられます。

腰椎の位置が本来の位置からずれて出る症状が腰椎変性すべり症です。一方、本来の位置からずれた腰椎に負担がかかり腰椎の後ろにある突起部分にひびが入り腰椎が不安定になるものが腰椎分離すべり症です。

腰椎すべり症の症状とは?|福井市 大坪整骨院

腰椎の後ろを通る神経が腰椎のずれにより圧迫されるため、腰部脊柱管狭窄症と同じ症状がでます。

症状としては、少しの距離を歩くとおしりや太ももに痛みや痺れを感じます。また少し休憩をするとまた歩けるようになる(間欠性跛行)があり、少し歩いて休憩しての繰り返しがあるのがすべり症の特徴です。座っている時、安静時はあまり症状が出ず立ったり、座ったり、長時間歩いたりすることにより腰痛や下肢痛(坐骨神経痛)、痺れが増強します。症状がひどくなると痺れが強くなったり、足に力が入りにくくなります。

腰椎すべり症の原因は?|福井市 大坪整骨院

すべり症は中高年に多く、加齢とともに椎間板、靭帯、関節などの固定している組織に変性を起こし、それに伴って腰椎の安定性が失われることによりすべり症になります。

またすべり症を患っている方は激しい運動や身体を捻る動作などは極力控えなければいけません。運動の他日常生活に置いても腰に負担のかかることは控える必要があります。

また、分離すべり症は腰を反らす動作、回旋運動を繰り返し行うことで腰に負荷がかかることにより椎弓狭部(関節突起間部)に生じた疲労骨折が治らないまま分離した症状を言います。分離すべり症は10代の成長期に激しい運動をしている子どもやスポーツ選手に多く初期段階で適切な治療が行われないと分離すべり症に移行することがあります。

腰椎すべり症を放っておくとどうなる?|福井市 大坪整骨院

すべり症を放っておくと安静時にも痺れや下肢痛などが現れます。ひどくなると、保存療法では回復が困難になり、手術が必要となります。

すべり症が長期間経過すると椎間板が完全にすり減ってしまい不安定性が無くなるため腰の痛みは軽くなりますが、腰椎がずれて神経を圧迫している場合不安定性がなくなっても神経を圧迫している状況は変わらないため痺れや下肢痛などの症状は改善しません。

すべり症でも軽度の腰痛程度であれば初期の段階で腰部を外固定(骨盤ベルトやコルセット)などにより症状の改善はできることがあります。

腰椎すべり症の施術方法/ 福井市 大坪整骨院

すべり症の施術方法としては、当院ではマッサージや電気治療器、エコー(超音波治療器)、ハイボルテージ(高電圧治療器)などを使った施術を行います。

すべり症は軽度であれば保存療法で症状が改善する可能性があるため、身体を使う仕事や腰に負担のかかる動作をすることが多い場合コルセットなどをご提案します。

そのほか、ストレッチや腹筋、腰まわりの筋力訓練などを行います。

腰からお尻、太ももにかけての痛みや痺れ長時間の歩行がつらいなどといった症状でお悩みをお持ちの方は整骨院に一度行くことも有効な手段です。誰もがなる症状だと放っておかずにしっかり施術を受けることが重要です。

執筆者:
柔道整復師 大坪整骨院 院長 大坪正明

福井市で開業以来、地元の方の健康をお守りする事を使命とし、日々施術を行っております。どこに行っても改善されない肩こり・腰痛・しびれなどのお悩みはぜひ当院にご相談ください。

お問い合わせ

大坪整骨院

外観

0776361280

住所
福井県福井市春日1丁目13−21
休診日
土曜の午後/日曜・祝日

受付時間