受付時間

大坪整骨院 0776361280

変形性膝関節症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 階段の上り下りで膝が痛い
  • 膝が痛くて正座ができない
  • 膝を完全に伸ばすことができない

変形性膝関節症とは?|福井市 大坪整骨院

変形性膝関節症とは、膝の関節の軟骨の骨質がが低下していき、少しずつすり減ることで歩行時に膝の痛みが現れる膝の関節症です。特に中高年の女性に多くみられます。

膝の痛みとして医療機関を受診し、レントゲンを撮影して変形性膝関節症と診断するのが一般的ですが、関節軟骨はレントゲンには写りません。そのため、痛みがかなり強くてもレントゲンに写らず、原因がわからない場合があります。そういう場合は、MRIや場合によっては血液、尿検査などを用いて調べるケースもあります。

原因|福井市 大坪整骨院

原因には複数の要素が考えられます。加齢とともに患者さんの数が増えているため、年齢の影響は確実にあるといえるでしょう。さらに、女性に多いということから、体質、肥満、骨密度、ホルモンなどの影響も受けます。

手の指の第一関節で起こる変形性関節症でペパーデン結節というものがありますが、こちらは家族歴があるとされ、ペパーデン結節になっている人は変形性膝関節症を発症するリスクが高くなることも明らかとなっています。

他にも近年では、メタボリックシンドロームとの関連性も明らかになっています。

症状|福井市 大坪整骨院

変形性膝関節症の症状は、変形性膝関節症の進行度によって異なります。その進行度の評価は、膝のレントゲン写真でわかる、膝関節の隙間の大小で評価されます。進行が進むほど軟骨の厚みがなくなり、隙間が無くなります。さらに、進行が進むにつれてO脚になる傾向があるのもわかっています。

具体的な日常の動作でいうと、最初はこわばりから始まります。そこから、徐々に正座をしたときやしゃがんだ時、階段の昇り降りの際にも膝が痛いと感じるようになります。さらに進行していくと、就眠時や安静時にも痛みを感じたり、膝を完全に伸ばそうと思っても痛くて伸ばせないようになったりします。

治療法|福井市 大坪整骨院

変形性膝関節症の治療は大きく分けて手術を使う療法と、手術以外の方法(保存療法)に分かれます。その中でも特に整骨院で可能なのは、手術以外の方法(保存療法)になるので、保存療法についてまとめておきます。

保存療法をさらに分けると、運動療法など薬を使う以外の療法と、炎症や痛みを抑えるための薬を使った療法に分かれます。

その中でも、整骨院で薬を投与することはできないので、特に運動療法を紹介します。

膝などの関節に痛みがあると、それをかばうことで力をうまく使うことができなくなり、その結果筋力が低下し、関節単位で不安定になり、さらなる軟骨の摩耗が進み、痛みが増すという悪循環になりかねません。

そのため、程よく動かしたり、ストレッチしたりすることが大事になります。

特に、膝が痛い人は太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が硬くなっている場合が多いので、膝が痛くない程度で曲げてストレッチしてあげることが1番簡単にできることでしょう。他にも、横向きで脚を上げたり、ふくらはぎの筋肉を鍛えたりするのも一つでしょう。

まずは、痛みを早く取り除くという考え方も大事ですが、一度すり減った軟骨は再生することがないので、それ以上の進行しないように進行を抑えるという考え方も大事になります。

執筆者:
柔道整復師 大坪整骨院 中村 妃奈

患者様が、身体のことで悩んでいる事、気になっている事に、少しでも力になれるよう一緒に頑張っていきたいと思います!

お問い合わせ

大坪整骨院

外観

0776361280

住所
福井県福井市春日1丁目13−21
休診日
土曜の午後/日曜・祝日

受付時間