受付時間

大坪整骨院 0776361280

ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腕や手にシビレが出る
  • お尻や下肢にシビレが出る
  • 排尿、排便が出にくい

ヘルニアとは?|福井市 大坪整骨院

ヘルニアというのは、ここでは特に椎間板ヘルニアのことをいいます。椎間板とは、首から腰、お尻まで続く背骨(椎骨)のひとつひとつの間にあるクッションの役割を担います。椎間板は、中心にある髄核とその髄核を囲む線維輪で構成されています。この椎間板があることで、背骨はしなやかにうごくことができるのです。

椎間板ヘルニアは、その椎間板に負担がかかり、椎間板の中心にある髄核が正常の位置である背骨の間の位置から逸脱し、神経に触れることで、手足の痛みやシビレといった症状を引き起こします。

椎間板ヘルニアでは特に腰椎の椎間板ヘルニアが多く、頚椎でも椎間板ヘルニアがみられます。ヘルニアには他にも大腿ヘルニア、鼠径ヘルニア、脳ヘルニアと様々な種類があり、臓器の一部が元々あるべき正常な位置から逸脱していることを表します。

椎間板ヘルニアは、加齢により発症するケースが多くみられますが、腰椎の椎間板ヘルニアは特に若い男性にもみられることも特徴的です。

原因|福井市 大坪整骨院

椎間板ヘルニアの原因としては、姿勢や動作などの要因と、元々の体質や骨の形などの遺伝的な要因と、加齢、喫煙などが大きな原因として挙げられます。

椎間板にかかる圧力の話をすると、座ったり、立った状態で前屈みになったりする動作で、体重の約2.5倍の圧力がかかるといわれています。椎間板は下に行けば行くほどかかる負担が大きくなります。したがって腰の下の方の椎間板はかなり負担が大きいといえます。

こういった負担の積み重なりが、椎間板に変性をもたらし、椎間板ヘルニアに発展していってしまうというものです。

症状|福井市 大坪整骨院

頚椎の椎間板ヘルニアでは、主に上肢で症状が出ます。手の痛み、シビレ、動かしにくさ、力の入りにくさなどが現れます。ヘルニアが起こっている場所によって症状が出る場所が異なり、首筋や肩甲骨の間のところが痛くなる時もあります。ヘルニアの度合いが大きいと、足がシビれたり、歩きづらかったりと、下肢にも症状が出ることがあります。

腰椎の椎間板ヘルニアでは、主にお尻から下の下肢で症状が出ます。特にお尻から太ももにかけて痛みやシビレが出ます。これを坐骨神経痛といい、腰椎の椎間板ヘルニアの代表的な症状になります。他にも動かしにくさや力の入りにくさなどが現れます。痛みやシビレは下半身のどこにも現れる可能性があります。

頚椎、腰椎どちらの椎間板ヘルニアでも、ヘルニアによって神経が強く圧迫されていると、排便、排尿に障害が出ることもあります。

治療法|福井市 大坪整骨院

椎間板ヘルニアは、時間の経過によって痛みが和らいでいくことが多いです。つまり、その痛みが強い期間の痛みに耐えれない場合、生活に大きな支障が出る場合は手術も検討する必要があります。耐えれる場合や生活に支障が少ない場合は、保存療法を行いながら、自然治癒を促すことが良いでしょう。

保存療法は、安静にすること、牽引療法、コルセットを巻くなどがあります。これは、正常な位置から逸脱したヘルニアを小さくするわけではなく、あくまで症状を軽くするために行うものなので、なかなか良くならなかったり、痛みが増したりするようなら、保存療法の範囲では賄えていない可能性があるので、手術を検討することも必要かもしれないので、お早めにご相談ください。

執筆者:
柔道整復師 大坪整骨院 渡辺 諒

皆が距離感で敏感になっていますが、そんな中でも私は「寄り添う治療」を心がけています。お身体のことで気になることがございましたら、ご気軽にご相談ください。

お問い合わせ

大坪整骨院

外観

0776361280

住所
福井県福井市春日1丁目13−21
休診日
土曜の午後/日曜・祝日

受付時間