オスグッド|福井市の大坪整骨院|土曜営業

受付時間

大坪整骨院 0776361280

オスグッド

こんな症状でお悩みではありませんか

  • スポーツをしているお子様が膝が痛いと言う
  • ランニングをすると膝が痛む
  • 階段の上り下りで膝が痛む

オスグッド病とは?|福井市 大坪整骨院

オスグッド病とは、アメリカの整形外科医のオスグッド氏とスイスの外科医のシュラッター氏が症例を学会に発表したことから、正式名称をオスグッド・シュラッター病、又はオスグッド・シュラッテル病といいます。

小学校高学年〜中学生くらい(10歳〜15歳くらい)の成長期によくみられるスポーツ障害です。特にサッカーやバスケットボール、バレーボールなどのジャンプ動作が多かったり、強く踏み込む動きが多かったりする膝の負担が大きいスポーツでよくみられます。男女比では、男子の方が多いのも特徴の1つです。

病態|福井市 大坪整骨院

膝のお皿(膝蓋骨)の下には、脛骨とよばれる大きい骨が存在します。その脛骨の膝のお皿(膝蓋骨)に近いところに、脛骨粗面という骨が隆起した部分があります。この部分が少しずつ膨隆し、痛みが発生します。

脛骨粗面がしっかり骨として完成する以前の力学的に弱い時期に、日常生活動作やスポーツ活動で特に太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)の収縮によって脛骨粗面が繰り返し引っ張られることで発生します。

ランニングや階段の昇り降りなど、大腿四頭筋を強く収縮させる動きをした際に、膝蓋靱帯という脛骨粗面に付着する部分で限局して痛みが感じられます。

症状が進行するにつれて脛骨粗面部の膨隆は著しくなり、骨性に硬くなることもあります。

オスグッド・シュラッター病は、慢性的な経過をしていき、再発を繰り返しますが、骨の端の軟骨が骨として完成する18歳頃には痛みなどの症状はある程度無くなります。しかし、脛骨粗面部は膨隆したまま治癒するものもあります。

治療法・ストレッチ|福井市 大坪整骨院

症状として、痛みが強く出た場合はある程度安静にする期間が必要になります。それぞれの所属チームや部活動で、大事な大会が直前に控えている場合を除いては、後遺症の部分も考慮すると安静にすることをオススメします。

そうでない場合は、運動やスポーツの強度を少し落としたり、膝に負担のかかる動きはなるべく避けるようにしたりするのも頭に入れておくと良いでしょう。

痛みを軽くするためには、運動やスポーツをした後、氷を用いて膝のお皿の下の部分(脛骨粗面)を冷やすアイシングや、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチなどが効果的です。

ただし、この太ももの前の筋肉のストレッチは膝を曲げて行うことになるので、膝を曲げた際、痛みが出る場合は逆効果になる要素もあるので、やめておきましょう。

成長期の骨はまだ強いものでないので、負荷の強いストレッチは骨の一部が、筋肉や靭帯に引っ張られて剥離骨折を起こす場合があったり、周辺の組織の炎症を悪化させてしまったりするので、様子を見ながら行いましょう。

また、アイシングに関しても必要以上のアイシングは筋肉が硬くこわばってしまい血流が悪くなり、治りや成長のスピードを妨げてしまう場合もあるので、こちらも様子を見て行うことが重要です。ある程度痛みが取れてきたり、膝のお皿の下の熱感が完全に無くなったりしたら、温めてあげて代謝を促すことも重要になります。

また運動やスポーツ中にできることとして、膝のお皿の下(脛骨粗面)に対する負担を減らすために、オスグッド病用のサポーターやベルトを使用することも1つの対策となります。

サポーターやベルトを膝のお皿の下に巻くことで、その部分が引っ張られたり動かされたりするのを少しでも制限することができるため有効です。

お問い合わせ

大坪整骨院

外観

0776361280

住所
福井県福井市春日1丁目13−21
休診日
土曜の午後/日曜・祝日

受付時間